傷んだパサついた髪!ダメージヘアを綺麗にまとめるためのトリートメント・コンディショナー【2020】

イソステアリルグリセリル 激推し化粧品
花王HP

『カラーやパーマもしたいけど綺麗な髪でいたい!』

そう思うことは当然で、決してわがままなことではありません。


あなたを素敵に魅せてくれるカラーやパーマ、

そして毎日の身だしなみのためのヘアアイロンやブラッシング。


これらはやっても良いことだし、欠かせないことですが、

残念ながらどうしても髪のダメージの原因になってしまいます。


そして追い打ちをかけるような夏の紫外線や、冬の乾燥。これらから受けるダメージによって、

髪の毛はどうしてもパサついてツヤがなくなったり、

うねってしまったり

うるおいがなくってしまいがちです。。。


そんなダメージヘアに悩んでいる方のためのヘアケアアイテムも

シャンプー、コンディショナー、トリートメント、洗い流さないトリートメントなど

ドラッグストアや美容室やネットショップなどにたくさんあります。


これらたくさんのダメージヘア用の商品たちを前に、

「本当にダメージヘアに向いてるの?」

「これでパサツキはよくなるのかな?」

「どうしてダメージヘアに良いんだろう?」

などと疑問に思われる方もいらっしゃると思います。


そんな疑問をお持ちの方のために!

カラーやパーマの髪になめらかな指通りが欲しい方

そして髪のうねり、ツヤ、うるおいに悩みのためのエビデンスがあるアイテムについてご紹介します。


そしてエビンデンスについてくわしく解説していきます!!


まずは結論、商品紹介から。

ダメージヘアを綺麗にまとめるためのトリートメント・コンディショナー

ディアボーテ HIMAWARI ゆがみディープリペアマスク


・髪のうねりにお悩みのかた向け

・ヒマワリ油の髪への浸透成分 (セバシン酸ジエステル)

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

エッセンシャル flat ボリュームダウン トリートメント

・ヘアアイロンをよく使う、髪のうねりにお悩みのかた向け

・うねりに浸透するときほぐし成分「イソステアリルグリセリル」配合

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペア コンディショナー

・髪にもっとうるおいが欲しいかた向け

・スキンケアにも使われ、髪に吸着するうるおい成分配合 (ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニム)

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)


まず1点、前提条件を確認、共有させていただきたいと思います。

シリコーンの髪や頭への影響について

シリコーン(シリコン)は髪にも身体にも悪くないです

シリコーンがヘアケア製品に使用されていると

「毛穴に詰まる」 

「有効成分が髪に浸透しない」 

「パーマがかかりにくくなる」

といった理由で、ノンシリコンのシャンプーが一世を風靡しました。


今でもそれをウリの一つにしている製品があったり、

シャンプーにおいてはそれがスタンダードになりつつあると思います。


しかしながらシリコーンが悪者ではないという前提で、

ここではコンディショナーを紹介させていただきます。

なぜなら、化粧品に配合されているレベルの質・量において、

現代の科学でシリコーンが髪や身体に悪いと証明することはできていないからです。


あんまりそういった話を聞いたことがないかた、

まぁちょっと話だけでも聞いていってください(笑)

シリコーンの安全性についての資生堂の見解

まず資生堂のHPでは以下のように、

シリコーンに対するさまざまな疑問に答えてくれています。

「シリコンは、頭皮のかゆみや抜け毛の原因になりますか?
 ⇒ いいえ、なりません」

「シリコンは、毛穴に詰まったり、髪や頭皮にダメージを与える物質なんですか?
 ⇒ そのような事実はありません」

「シリコン配合のヘアケア製品を使い続けたときの地肌の変化は?
 ⇒地肌の状態に差はなく、目立ったダメージや変化も見られませんでした。また、シリコンが毛穴に詰まるという事実もありません」

「シリコンは、効果成分の髪への浸透を妨げますか?
 ⇒いいえ、妨げません。」

「シャンプーに含まれるシリコンは、パーマに影響する?
 ⇒ パーマの効果には影響を及ぼしません。」

そして、

「髪のダメージが気になるとき、シリコンが効果的だというのは本当ですか?
 ⇒ 本当です。」

と、気持ちいいくらい歯切れがいいですね(笑)

「でも、そもそも資生堂の話って信用できるの?」

と思われる方もいるかもしれません。

信じて大丈夫です。なぜなら、

日本の化粧品の技術は世界一です(本当ですよ!)

それをけん引しているのが資生堂と花王、そしてポーラです。

だからです。

資生堂を信じずして、他に何を信じるのか。

(国でいうと次がフランスですね。国際化粧品技術者連盟での研究レベルからしてそうです。)


といっても化粧品を販売している企業のいう事が信じられないというのならしょうがないのです。

でも頑張ってるので少しくらい信じてあげてもいいんじゃないかと思います。

シリコーンの低い皮膚刺激性

こういう勢いの話もしつつ、エビデンスとして、

きちんとした皮膚刺激性データもご紹介します。


ジメチコン(ポリジメチルシロキサン)のデータです。


・ジメチコンを54人の被験者の前腕に対して24時間閉塞パッチテストを行ったところ、

皮膚刺激は見られなかった。


・シクロメチコンに5%ジメチコンを溶かし、RIPT試験(累積皮膚刺激性試験)を103名の被験者に対して実施。

皮膚刺激性も皮膚感作性もないと結論付けられた。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データより


(一緒に95%シクロメチコンの安全性も確かめられている(笑))


それでは今回紹介している商品に共通の成分についてです。

ダメージヘアに吸着しやすいアミノ変性シリコーン

またの名を(表示名称)アモジメチコン。


疎水性のジメチコンに、親水性のアミノ基を持たせることで、

ダメージをうけた毛髪表面の親水性部へ吸着しやすく、

毛髪のダメージ部にシリコーンの効果を与えることができるようにしたものです。

「化粧品の安全・安心の科学 -パラベン・シリコーン・新原料-」より


アモジメチコン、どういった原料かというと、

クシ通りがめっちゃよくなります。

Image

旭化成ワッカーシリコーン技術資料より

データの見方をご説明します。

横に並んでいるのは、いずれもアモジメチコン配合の旭化成ワッカーの原料の性能の比較です。

縦の数字がクシを髪にとおすときの通りにくさ(負荷)を数字で表したもので、

右の写真の感じで毛束にクシを通して、クシにかかる負荷を計測します。


原料に効果がなければ、つまり負荷の変化がなければ一番上の0%のところのままです。

上の表を見るに、アモジメチコンの入った原料すべてにクシ通りをよくする効果がありますね!

ドライ時で少なくとも20%減、

ウェット時で少なくとも40%減ですね。


上記はシリコーン分2%のコンディショナーでのデータで、

実際の製品にはもう少し少ない量しか入っていない可能性は高いですが、

こういったデータがあると安心できますよね。

アモジメチコンのうるおい持続効果

あと、アモジメチコンにはうるおい持続効果もあります!

Image

旭化成ワッカーシリコーン技術資料より

表の見方としては、

横軸が温度で、190℃あたりで熱して髪の水分を飛ばしきったとき、

髪がどれだけ軽くなるか、

すなわち、保持していた水分がどれだけたくさん飛んだかを測定しています。


これはヘアアイロンかけた後の測定なので、

ヘアアイロン後にどれだけ水分がたくさん残ってるかを測定しています。


ヘアアイロンかけた後に、また別の測定機器で熱して飛んだ水分量を測定しているわけです。

ヘアアイロンかけても水分がたくさん残っていると、

測定機器で(たぶん長時間)再び熱したときにたくさん水分が飛んで、

重量がとても軽くなります。


縦軸は水分が飛んだ量で、

グラフの位置が高いほどヘアアイロンしたときに水分が飛んでいることになります。


下の青線のアモジメチコン入りのコンディショナーを使った毛束です。


アモジメチコンが塗布された毛束にヘアアイロンをかけると、

上のアモジメチコン使っていない緑の線よりも水分が飛んでいないことが分かります。


ぐだぐだ色々書きましたが、要は、

アモジメチコン入りのコンディショナーを使うとヘアアイロンで髪が乾燥しにくくなる!

ということが分かります。すごい!


シリコーンで強くコーティングしているから、きっと水分が飛びにくいんでしょうね。

ちなみに、安全性について。

人体のタンパク質にあるようなアミノ基をシリコーンつけてアモジメチコンになっても、

安全性には問題ないと考えられます。

さて、ここからはそれぞれのオススメ商品を解説していきますね。

うねりが気になる方むけ HIMAWARIシリーズのヘアトリートメント

・髪のうねりにお悩みのかた向け

・ヒマワリ油の髪への浸透成分 (セバシン酸ジエステル)


・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

HIMAWARIのシリーズにトリートメントなんてあったんですねー(笑)


シャンプーコンデョショナーは超有名ですけど、

はずかしながらトリートメントの存在は今回調べるまで知りませんでした。


さて、このトリートメントについてクラシエのHPを見ると、

以下のような説明があります。

Image
クラエシエHPより


これを見ると思いますよね、

セバシン酸って何?変な名前


私なんかは「ほんとに良いの?」と思ってしまします。

そんな疑問が原動力で調べます。


そして「良さそうじゃん!」って思ったので皆さまにも分かってほしい。


そう本当に、

セバシン酸ジエステルの力でヒマワリ油が髪に浸透します。

うねりときほぐし成分セバシン酸ジエステル

以下がセバシン酸ジエステルの化粧品用原料「FineNeo-DES」の技術資料の抜粋です。


日本製化技術資料より

右のブランク(効果なし)が、「赤く色をつけただけのオリーブ油」に髪を浸したあと、

その赤みを蛍光顕微鏡でみたときの写真。


左(効果あり)が「赤く色をつけたセバシン酸ジエステルとオリーブ油」に髪を浸したあと、

同様に撮影した写真。


左のセバシン酸ジエステルの方めっちゃ赤いですね!

すなわちオリーブ油が髪に浸透しているということです!


オリーブ油とヒマワリ油は化学的組成が非常に似ているので、(微量成分で香りはぜんぜん違いますが)

ヒマワリ油が使用されているディアボーテでも、同様の浸透作用が期待できます。


同じくらいの量のセバシン酸ジエステルが使用されてればですけども。

でもなんもエビデンスがない原料をつかった商品よりよっぽどいいですよね!


セバシン酸ジエステルが良い効果をもたらすメカニズムの予想としては、


わりと水溶性が高いようでありながら親油性の部分も持つので、


親油性のところにくっついた油脂を髪の中に運び込むんでしょうか


少し分子量が大きく油を保持しやすいハイドロトロープ?
(難しい。てきとー)


うねりに良さそうなデータは残念ながら見つけられませんでしたが、

これは使ってみる価値あるんじゃないでしょうか!


さて、次は、

ヘアアイロンを使う方向け エッセンシャル flat ボリュームダウン トリートメント

・ヘアアイロンをよく使う、髪のうねりにお悩みのかた向け

・うねりに浸透するときほぐし成分「イソステアリルグリセリル」配合

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

この商品を「髪のうねりにお悩みのかたむけ」とオススメしているのは、

くせ・うねり髪に浸透するときほぐし成分

というものを配合した製品だからです。


花王HPより


ヘアアオロン後なのに、うるおいが残った感じですごくキレイになってますね


そこでポイントとなってくるのが、

この写真の下の方に小さく見づらく(笑)書いてあります。


その特徴の源、「イソステアリルグリセリル」という成分。


その良さについて解説していきます。


これは花王が特許を出願中の処方に配合している成分です。

ヘアアイロン向けうねり防止成分 花王のイソステアリルグリセリル特許解説


以下の表を見ると分かるのですが、

左の方の(B)の右隣に先ほどご紹介した「イソステアリルグリセリル」がいます。

(エーテルと末尾についていますが、別の呼び方の同じものです)

表の見方をご説明しますと、

上部の1~6まである「実施例」が良い処方で、

右上の「比較例」が悪い処方です。


そして左上から下へ並ぶ(A)~(F)とその他、

ここに記載されているのがそれぞれの処方に入っている原料です。


右に並んでいる数字が、単位は%。

ぞれぞれの%の量の原料がそれぞれの処方に入っています。


ここで実施例1と比較例1の処方を比べますと、

比較例1は実施例1と比較して「イソステアリルグリセリル」だけが入っていないことが分かります。


比較例1は実施例1を比較すると「イソステアリルグリセリル」の効果が分かりことになりますね!


次に左下の方から「評価」の欄を見て頂きますと、

注目するのは下から3番目の「ハンドブロー時の髪のねじれの取れやすさ」ですね!


この行を右に読み進めていくと、

数字が3つ並んでいてなんだかよく分りにくいです。


これは左から順にパネラーの人数、「ねじれが取れやすい」/ 「どちらともいえない」/ 「ねじれが取れにくい」と答えたパネラーの人数を順に示しています。


なので一番左の人数が多いのが良い処方だということが分かります。


そしてイソステアリルグリセリルが使われた実施例1だと7名中7名が「ねじれが取れやすい」と評価していますが、使われていない比較例1だと7名中6名が「ねじれが取れにくい」と評価しています。


そしてこれらの評価はすべてドライシャーでブロー後の評価です。 


なのでアイロンなどで熱が加わった後でも有効だと花王は考えているようですね。


…と少し大げさに書きましたが、

企業が自分の発明に対し実態以上に良い評価をつけることは、

残念ながら珍しくありません。


でもこの特許に関していうと、

花王は本気で特許として認めてを欲しがっているようなので、

ちゃんとした効果があるのではないでしょうか。


以下の特許の審査状況を見ると、

見る人が見れば花王が本気で特許庁と戦っていることが分かります(笑)

いちど特許庁に特許化を拒絶され。



これではマズいと審査の期間の延長を申し入れ



補正手続きし、特許成立のために意見を申し入れるも再び拒絶!


それが2020年4月7日なので、

今まさに権利化のためのアイデアを練っているところでしょう。

(どうやら権利範囲を広くとろうとし過ぎているようなので、それを狭めればおそらく特許として成立するでしょう)


といった商品なので、なかなか効果が期待できるんじゃないでしょうか!

そして最後の商品は、

うるおいが欲しい方むけ ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペア コンディショナー

・髪にもっとうるおいが欲しいかた向け

・スキンケアにも使われ、髪に吸着するうるおい成分配合 (ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニム)

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)


なんと超定番のluxですが、luxってすごいんですよ。

だってluxは世界で一番売れているヘアケアブランドですから。


世界一売れてるから、大量に仕入れて良い原料が安く買えるんです!


そして資生堂がtsubakiで恥も外聞もなくluxの処方をパクるくらいですから(笑)(ベヘントリモニウムクロリドの使用)


加えて、お金ジャブジャブ使ってCMで超有名ハリウッド女優を起用してるから売れてるのもありますが(笑)


でも値段に対する品質の良さありきだと思うんです。


さて、技術的なお話。

毛髪に吸着するヒアルロン酸配合

そんなすごいluxが一番新しいリニューアルで増やした成分が、

毛髪に吸着するヒアルロン酸「ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニム」

です。


すっごく意味深ですよね。きっといい成分なのでしょう。


これはまたの名を「カチオン化ヒアルロン酸」とも呼ばれる成分です。


ヒアルロン酸は、言わずと知れたうるおい保持成分ですよね。


吸着のメカニズムについて説明します。

髪の毛はマイナスの電荷をもっているので、

カチオン性(プラスの電荷)を持たせたカチオン化ヒアルロン酸は、

とても毛髪に吸着しやすいのです。


そしてこのヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、

意外にもあのマヨネーズの会社、キューピーの開発した原料です。


別にこのヒアルロン酸はマヨネーズとか卵くさくないですよ(笑)

高吸着成分カチオン化ヒアルロン酸

以下キューピーのHPより


「ヒアロベール」というのがヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムの原料の製品名です。

冒頭で紹介したカチオン性をもったアモジメチコンと同じく、

カチオン性をもったヒアロベ-ルはダメージヘアに吸着しやすいというデータですね。


1番右の髪が明るくなっているのが、ダメージヘアにヒアロベールが吸着しているという写真です。


すっごい明るいですね。


で、ほんとに潤ってるの?というと

1番右のグラフ、


髪の水分量も増えてますね!

(DSCで吸熱反応を分析して評価できるんですね。しらなかった。)


そして肝心な髪のキューティクルの様子はというと、

キューティクルもすっごくキレイに!

いやぁしかし、

キューピーさん資料が分かりやすすぎです


実験とか分析やってると分かるんですが、

シンプルで分かりやすいデータとるのって難しいんです…


さすがluxに選ばれただけある!


という気すらします。


さて、最後におさらいです。

オススメ商品のおさらい

ディアボーテ HIMAWARI ゆがみディープリペアマスク


・髪のうねりにお悩みのかた向け

・ヒマワリ油の髪への浸透成分 (セバシン酸ジエステル)

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

エッセンシャル flat ボリュームダウン トリートメント

・ヘアアイロンをよく使う、髪のうねりにお悩みのかた向け

・うねりに浸透するときほぐし成分「イソステアリルグリセリル」配合

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

ラックス スーパーリッチシャイン ダメージリペア コンディショナー

・髪にもっとうるおいが欲しいかた向け

・スキンケアにも使われ、髪に吸着するうるおい成分配合 (ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニム)

・ダメージヘア吸着、指通りなめらかしっとり成分配合 (アモジメチコン)

以上、ご覧いただきありがとうございました!

ワンクリックしていただけると
ランキングが上がって励みになります!
 ↓
にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました